【リッツ・カールトン日光】の旅行記・ブログ –自然と贅沢が融合する至福の週末– 画像あり

Travel

本ページには広告が含まれています




栃木県日光市の歴史と自然が息づく街、日光のリッツ・カールトンで体感する非日常の極上サービスやホスピタリティに焦点を当てます。中禅寺湖畔と男体山を望むロケーションに魅了されること間違いなし!



アクセス

–お車の場合–

清滝インターから国道120号線を通り約30分

–電車の場合–
東北新幹線の「JR宇都宮駅」まで乗車/JR日光線に乗り換え「JR日光駅」で下車します。


お正月でしたので門松が飾られていました。


和スイーツ「甘納豆」と緑茶

入ってすぐに組子模様に惹きつけられました。
今回宿泊したお部屋はレイクビュー。右にちらっと見えるお山が男体山です。
ウェルカムフルーツとお菓子が用意されていました。

お風呂からも中禅寺湖が見えます。
アメニティーは大好きなDIPTYQUEのフィロシコス。

同じ香りの香水を持っていますが本当にいい香りで大好きです。

ハンド&ボディミルクと石鹸もフィロシコス
左右に分かれているダブルシンクが嬉しい
小腹が空いてしまいルームサービスでポテトとフルーツの盛り合わせを注文。




夕食の時間まで近くを散策してみました。

外に出てみるとこの風景が飛び込んできます。




夕食について
宿泊の予約をする際に鉄板焼きが予約一杯でお寿司を予約しました。

河豚白子の磯辺揚げ
烏賊
雲丹
車海老

焼き魚とその他8貫

スウィートポテトと林檎ソルベ

全ておいしくいただきました。



温泉は別館にあります。

1階のエレベーターの近くに扉がありそちらから進んで行くとこの扉が見えてきます。
進んで行くと迷わず温泉まで辿り着けます。


温泉は撮影禁止なので公式サイトより画像をお借りしました。

泉質:硫化水素型単純硫黄泉
神経痛や関節痛に加え、冷え性や疲労回復に効果あり。

次の日の朝食

卵料理は3種類から選択可能でした。

とってもSNS映えする朝食でした♪ランチはいらないくらいお腹いっぱいになりましたが

せっかく日光まで来たのでランチも楽しみたいということでレイクハウスへ

苺のカプレーゼ

ここで夫のわがままが発動。
デザートメニューにアフォガードがないのですが「アフォガードが食べたい。」と言い出して作っていただきました(笑)臨機応変に対応していただきありがとうございました。


まとめ

今回年始の繁忙期でしたのでアップグレードはされませんでしたがレイクビューのお部屋で分優雅なひと時を過ごす事ができました。
次回は紅葉の季節に宿泊したいと思います♩

最後までお読みいただきありがとうございます。





コメント

タイトルとURLをコピーしました